家庭学習と国立中学受験塾*小学生と中学生の学習*こども4C

受験は国立中学1本!ひとりひとりに時間をかけられない子沢山家庭にもできる、市販問題集を使った効率的な中学生と小学生の家庭学習を徹底研究!

中学生の定期テスト勉強対策は、結局量。

time 2017/05/04

中学生の定期テスト勉強対策は、結局量。

中学2年生の長男。

勉強を強いることをせず、自主性に任せていたら、中1の成績は悲惨なものでした”(-“”-)”

下の上~中の中というところ。

定期テストによってバラつきがだいぶありますが、全体的に平均点あたりで、平均点取れるか取れないか、って感じでした。

なので、遅まきながら中学生の勉強法について本を買ったりネットで調べたりしてたら、結局勉強って量が必要なんだなってわかりました。

まずは、ひとつの信じるべき勉強法が必要。

らしいと思って、中学生の勉強法の本を調査してみて、1冊買ってみました。

ネットで評判を調べ、書店で実物を見てなかなかの時間をかけて選んだ1冊!

志望校のランクが上がる! 中間・期末テストに強くなる勉強法

実際に成績が上がったというレビューがたくさんあり、これは良さそうだ!という印象ながら悩んだのは、「点数が上がった実績が出てくるけど、元からある程度点数の取れてる子供たちだ」というレビューがあったこと。

平均点取れるか取れないかのわが子に、できる勉強法なんだろうか??

って心配があり、書店で他の本も見てみたり、気になった本のレビューを探したり…とけっこうな時間を費やしてしまいました(´・ω・`)

でも結局、やっぱりこれかな!と、この志望校のランクが上がる! 中間・期末テストに強くなる勉強法を買いました。

定期テストが迫ってない時期の勉強の仕方、定期テスト前の勉強の仕方、が各教科別に具体的に書かれています。

それぞれの時期の学習スケジュールの作り方から載っていて、それが参考になる、というレビューも多かったです。

で、参考にして、大量の教科書ワークや教科書トレーニングや問題集などを買いましたよ(*´∀`*)

塾に行かずに成績を上げる。には、学習量の確保は絶対に必要

塾に行かない、というか子供を行かせない理由のひとつに本人が塾に行きたくないと言っている、というのがまあ一番大きいですが、経済的にも塾って高いよなあって思っています。

(なんせ我が家は子供4人の6人家族)

とはいえ、塾にも行かずにお金をかけずに学力を伸ばすのは、至難の業であると思います。

だって、いくつもの勉強法の本やサイトをたくさんたくさん見ましたが、いずれにも市販問題集や塾でもらったテキストを何度もやる、とか、間違った問題に似た問題を他の問題集から探して解いて、定着を図るとか、何冊もの問題集が必要だと暗に書いてました。

そらそうですわ。

問題集も解かない=楽して学力アップ、なんてありえないし、それができる子だったら私は今中学生の勉強法の本を読んだりサイトを探したりなんてことしてなかったでしょうしね…(´・ω・`)

複数の問題集が必要な理由とは

問題集がいくつも必要な理由は、いろんな問題に触れるため。

間違った問題ができるようになっているか、似た問題を解いて確認するため。

「学習量」を得るために、必要なのですね。きっと。

量をこなさないと、学力は身に付かない。

量をこなすためには、複数の問題集が必要。

そう納得したので、私は「塾に行くよりは安い」と思って、教科書トレーニングを中心にいろんな問題集を買いましたよ(´・ω・`)

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント

    

    sponsored link