タグ ‘ 1年生

夏休みの自由研究【小学校1年生】簡単で楽しくできる!自由研究アイデア

初めての夏休み、小学校1年生の自由研究は、親も一緒にやらないとどうしてもはかどりません。
だけど、子供の自由研究に多大な時間は掛けていられない!

そこで、できるだけ子供たち自分の力だけでできる、簡単で、かつ、子供たちが楽しくできそうな自由研究アイデアをまとめてご紹介します♪

チラシなどのいらない紙のリサイクルで作る自由研究「ペーパー・パッチワーク」

チラシなどのいらない紙を正方形や三角形などに切って、パッチワークを作ります。

ペーパー・パッチワーク

家庭科でやったパッチワークは布を使って縫いましたが、それを紙を使ってのりで貼って作ります。

折り紙を買ってくれば早いけど、チラシを使いたい場合は折り紙の形に切る作業まで子供が自分でできるこんなグッズがおすすめ♪

1日でできる、何の道具もいらない自由研究「セミの抜け殻マップ」

いつも遊びに行く公園や、学童保育(学校)でもできる自由研究です。

調べる場所の建物の位置や木などの見取り図を描き、見つけたセミの抜け殻の数を記録していきます。

見取り図を描くのだけは、手伝ってあげてもいいですね♪

セミのぬけがら発見マップ

簡単なわりに、研究っぽい。
木の下に多い、穴が開いているところに多いなど、発見もありそうです。

セミの抜け殻は持って帰る必要はないので、家の中に用意する物もありません♪

大好きなシャボン玉を作ってみよう!「にじ色シャボン玉」

洗剤を薄めるとシャボン玉液が出来ますよね。

紹介するサイトには、強いシャボン玉を作るレシピが載っています。

にじ色シャボン玉

入れる材料によってシャボン玉がどう変化するかというのを調べる自由研究ですが、手間をかけたシャボン玉でなくても、いろんな道具でシャボン玉を作るとどうなるか、という点だけに絞ればさらに簡単に自由研究ができますね。

シャボン玉液を作るのは手間ですが、出来上がってしまえばあとは子供たちが自由な発想で遊び、それがそのまま自由研究となります。

兄妹みんなで取り組めるのもいいですね♪

自由研究は楽しんで♪

いずれも1日で簡単にできる工作系、調べる系、実験系の自由研究をご紹介しました。

お子さんの得意分野、好きなことに合わせて自由研究のテーマ探しをすると楽しく取り組めるかと思います♪

1年生の漢字の習い始めに教えたい、書き順の話

1年生になると、漢字を習います。

ひらがなにも漢字にも、書き順があります。

でも、間違えて覚えてしまう、書き順はめちゃくちゃでもきちんと字を書けているんだからいい、と思っているお子さんも多いと思います。

そして、何度注意しても直さないから、そのうちに親も書き順をうるさく言われるのなんて小学校のうちくらいだし、なんて諦めてしまいがちです。

けれど、どうせ漢字を覚えるなら書き順通りに覚えた方がやはりメリットも多いです。

そんな、書き順についてのお話です。

なぜ、書き順通りに書くことが大切なの?

書き順が大切なのは、正しい書き順で書いた方がキレイに書ける、覚えやすい、賢く見える、など様々な理由からです。

でも、書き順を絶対だと言うのは筆で書く人、草書、行書をたしなむ方が多いです。

普通に楷書のみで生活する人は、大人でも最低限の書き順のルールだけ知っておけばいいんじゃないか、という意見も多いです。

では、1年生なんて毛筆を使うこともないし草書行書なんて書かないから書き順を気にしなくていいのか、となると、違います。

1年生で習う漢字は、基本です。

土の書き順がおかしいと土へんの漢字や土の入る漢字すべてがおかしくなってしまいます。

1年生の漢字は、「最低限の書き順のルール」を覚えるために正しい書き順を知ることが大切なんですね。

書き順を覚える方法

書き順がおかしい、字が汚い、というと、書道教室に通わせたらいい、と言われることが多いです。

筆で書くと、書き順がおかしいと字がおかしくなるからです。

それなら、家でも筆で書けば書き順が直るんじゃないの?と安易に考えてしまいますが、結局は根気よく練習させるから直るんです。

筆を与えれば自然と書き順が身に付くわけではありません。

書道教室の先生がしっかりと教えてくれるから、身に付くのです。

要は毎日数分でも横に座って指導してあげるのが大切だということになります。

書き順の覚え方

書き順をリズムで覚える、というのは、小学校1年生でも楽しく取り組める率が高い方法です。

一画の長さをリズムにして覚える、という感じ。

たとえば「山」という漢字なら、「いーち、にいーい、さん」という風に。

【送料無料】漢字の本(小学1年生)新版 [ 下村昇 ]

こちらの本は、書き順を絵描き歌のように覚えられるように作られています。

親御さんといっしょに歌いながら覚えれば、楽しく正しい書き順をマスターすることができておすすめです。

子供が興味を持つように、楽しめるようにという工夫がいっぱいされていて、うちの子供も学年が進んでもこの本が好きです。

書き順でバカにするのもどうかと思うけれど

書き順がめちゃくちゃな人はバカだ、というような意見を見かけることもあります。

私は書き順ごときで人をバカ呼ばわりする方がどうなんだろうと思いますが、たしかにあまりにも変な書き順の大人を目の当たりにするとちょっとひいちゃうかもしれません。

書き順だけの問題じゃなく、「基本」が分かってる大人になることは大切なんだろうな、と思います。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント