タグ ‘ 費用

子供の習い事に人気のピアノ、かかる費用は?

子供の習い事のピアノは、昔は女の子の習い事のイメージでしたが、今では男女問わず人気の習い事ですよね。

そんな人気の習い事、ピアノには月どれくらいかかるのか?

さらに発表会などイレギュラーな費用にはいくらかかるのでしょうか?

ピアノの費用は入会金、月謝、発表会、練習会にかかってくる

ピアノ教室は主に大手音楽教室か、音楽大学卒業された先生などが個人的にやっているところかが多いと思います。

一般的には、大手の音楽教室の方が教材費や施設費などで高くなることが多いです。

入会金は3000円~10000円プラス消費税くらいですが、多いのは10000円くらいですね。

大手音楽教室だったら、キャンペーンで入会金免除、とか、体験後すぐ入会すれば入会金免除、などやっていることも多いです。

月謝は、30分のレッスンを月4回で5000~12000円くらいのピアノ教室が多いです。

個人で教えておられるピアノ教室の場合、先生が卒業した音楽大学のレベルが高いほど、さらにピアノ科卒業など専門性が高いほど月謝も高くなります。

はじめは6000円前後、習熟度が上がりレベルが高くなるにつれて月謝も高くなる傾向にあります。

そして、発表会のあるピアノ教室だと年に2度~2年に1度くらい10000~15000円くらい発表会代がかかります。

規模によって違う、ピアノ発表会の費用

ピアノの発表会は、衣装代がだいたい5000円~10000円くらいでしょうか。

ネット通販では3000円台でもかわいいドレスが売られています。

年齢にもよりますが、ドレスやフォーマルスーツなどけっこう衣装はばらつきがあり、中には普段着で演奏されるお子さんもいらっしゃいます。
(普段着不可な発表会もあります)

ピアノ教室に渡すのは3000~15000円くらいですが、この幅は発表会の会場の規模の違いによります。

小さな会場で、カメラマンなども使わない発表会ならば3000円くらいから参加できるピアノ教室もありますが、大規模な会場で盛大にやる発表会では15000円くらいかかってきます。

その他かかってくる費用

最近では少なくなっているようですが、先生へのお中元・お歳暮を贈るピアノ教室もあります。

教材費は、個人でやっておられる教室はコピーの楽譜を使うところも多く、大手音楽教室の方が高い傾向があります。

先日ご紹介したバレエ教室と違い、ピアノは個人レッスンや少人数でのレッスンが多いため、お誕生日のプレゼント代がかかるという話はあまり聞きません。

バレエにかかる費用についてはこちらをご参照ください♪→子供の習い事、バレエはどのくらい費用がかかる?

子供の習い事、バレエはどのくらい費用がかかる?

子供の、とりわけ女の子の習い事で人気のクラシックバレエ
人気の習い事トップ5には入っていることも多いほど人気ですし、芸能人の方でもスタイル抜群な方がバレエを習っている方が多かったりして、憧れの習い事でもありますよね。

私は超庶民な家庭に育ったのでバレエなんて習ったことがありませんが、憧れはやはりあります。

「お金がかかる習い事」のイメージの強いバレエですが、実際のところはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

バレエの費用は月謝と消耗品、そして発表会にかかってくる

バレエを習うとなると、まずバレエ教室を探すことになりますよね。

個人でやっているバレエ教室、カルチャーセンターや文化会館のようなところでやっているバレエ教室、スポーツセンターでやっているバレエ教室、などひとことでバレエ教室と言っても運営元は様々あります。

だいたいはまず入会金が1万円前後、月謝は週に1度のレッスンで5000円~8000円、週に2度で8000~15000円くらいが多いです。
一般的に、個人のバレエ教室が一番高い場合が多いと思います。

消耗品は、レオタード、靴、タイツで、レオタードと靴は3000円~5000円くらい、タイツは1000円前後が多いようです。

そして一番お教室によって差が出てくるのが、発表会です。

バレエの発表会は約10万円が相場。年に2・3回やる教室もあれば、2~3年に一度の教室もある

バレエの発表会は華やかで、子供たちにとっても晴れの舞台です。

教室によっては、全員参加ではなく、希望者だけの参加の教室もありますが、やはり大多数のお子さんが参加されますから不参加の場合は一人だけ不参加、という悲しい思いをさせる可能性は大いにあります。

発表会にかかる費用は、10万円~20万円が相場です。

問題はその回数。

年に2~3回発表会をするバレエ教室もあり、そのたびに費用がかかる、ということになります。

また、発表会のチケットを10枚以上買い取らなくてはならない教室もあります。

費用の内訳は、やはりバレエ教室によるのですが、だいたいは衣装代、会場費、交通費、参加費用(出演する演目や数による)、先生へのお礼、主役級で出演するとそのお礼代、相手役の方へのお礼代など。

カルチャーセンターなどでやっているバレエ教室の場合は、10万円もかからないこともあるのだとか。でも発表会の内容もそれなりにはなってしまうようです。

その他にかかる費用

それぞれのバレエ教室によって違うというのが大前提ですが、
他にも、教室に通う子供たちにお誕生日のお子さんがいらっしゃればみんなでお金を出して誕生日プレゼントを用意したり、先生へお中元・お歳暮を贈ったりという費用がかかってきます。

まずは、近くのバレエ教室に見学を

バレエ教室って公文教室ほど多くないし、通える範囲となるとそうそう選べないことが多いと思います。

まずは、通える範囲のバレエ教室を見学されて、お話を聞かれて、ここなら!と思えるバレエ教室を見つけることが大切ですね。

月々のお月謝はそう高額ではない教室が多いので、まずはお試しに通ってみる、という感覚でも良いかもしれません。

お月謝は新札が無難?

余談かもしれませんが、お月謝は新札で渡すものだ、という話もあります。

言われてみれば前もって用意しておくお金なので、新札で用意できますが…そこまで?というのが正直なところです。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント