タグ ‘ 治療

子供の花粉症の治療に、注射を開始!

幼少期から検査をすれば数多くのアレルゲンに引っかかるアレルギー持ちの長男。

鼻炎での耳鼻科通いは2歳から、早10年。

アレルギーの検査をするたび数値が大きくなり、
去年、耳鼻科でアレルギーの検査をした時には、
「いつ喘息の症状が出てもおかしくないくらいアレルギーの値が高い」と言われました…。

そんな12歳、小6の長男がいつものかかりつけの耳鼻科で初めて注射によるアレルギー治療を勧められました。

詳細を見る

子どもの咳喘息の薬と治療、再受診しました

咳喘息と言われた4歳の次女ですが、一週間ぶりに再受診しました。

今回は、胸の音はキレイとのことで、吸入はナシ!(*ノ∀`)ノ

でも心配ではあるので、もう2週間、寝る前のキプレスは続けることになりました。

詳細を見る

アトピーの子供の治療は、自己判断でやめない

4歳の次女は、先日「咳喘息」と言われましたがもともと「アトピー」でもあります。

両方、元がアレルギーが原因の病気だからアトピーだと言われた時点で喘息が起きる可能性も言われていました。

詳細を見る

咳喘息の子供の治療ともらった薬

4歳の次女が「咳喘息」の疑いが濃厚です

咳喘息とは、ヒューヒューという喘息の特徴的な音はしていないものの、埃っぽい部屋にいると咳が出るとか、夜中とか明け方に決まって咳が出るとか、走ると咳が出るとか、風邪の他の症状はなくて同じ状況になると必ず咳が出る、というのが続くもの。

次女の場合は、寝入りばなに決まって咳が出るのが続いて、気になったので3日目くらいで受診しました。

これまでにも咳が続いて受診したことは何度もあります。

もともとアレルギー体質で、2歳前まではたまごアレルギーがひどくて卵はもちろん鶏肉も除去してたくらいでした。
たまごアレルギーは、抗アレルギー薬を飲んで検査したらなくなっていました。

アトピーもちでもあるし、喘息を起こす素因を持ってることは認識してるから咳に敏感になっちゃっています(>_<)

咳喘息でもらったお薬

「キプレス」という寝る前に一日1回飲む薬と、コンボン、ムコダイン、ジルテックが混ざった薬を一日3回です。

コンボンとムコダインは喘息にも使われる薬、ジルテックはアレルギーの薬みたいですね。

キプレスは、「喘息」という言葉がお医者さんとの間で出て初めて出た薬なので、喘息のお薬ってイメージです。

咳喘息の治療のためにやること

喘息は環境の要因も大きいようなので、めんどくさがりの私ですが部屋の掃除はめっちゃ頑張らないといけないな、と思っています。

でも、掃除以外にやりたいことがいっぱいある…。

でも、咳喘息から喘息に移行してしまったら後悔してもしきれないので、もしも喘息になっても「やれることはやった。それでなったなら仕方ない」と思えるように頑張ろうと思います。(p^ω^q)

環境を整えることと、ちゃんと薬を飲ませること。

それが咳喘息の治療で私が絶対やらないといけないことですね。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント