タグ ‘ 教え方

1年生の漢字の習い始めに教えたい、書き順の話

1年生になると、漢字を習います。

ひらがなにも漢字にも、書き順があります。

でも、間違えて覚えてしまう、書き順はめちゃくちゃでもきちんと字を書けているんだからいい、と思っているお子さんも多いと思います。

そして、何度注意しても直さないから、そのうちに親も書き順をうるさく言われるのなんて小学校のうちくらいだし、なんて諦めてしまいがちです。

けれど、どうせ漢字を覚えるなら書き順通りに覚えた方がやはりメリットも多いです。

そんな、書き順についてのお話です。

なぜ、書き順通りに書くことが大切なの?

書き順が大切なのは、正しい書き順で書いた方がキレイに書ける、覚えやすい、賢く見える、など様々な理由からです。

でも、書き順を絶対だと言うのは筆で書く人、草書、行書をたしなむ方が多いです。

普通に楷書のみで生活する人は、大人でも最低限の書き順のルールだけ知っておけばいいんじゃないか、という意見も多いです。

では、1年生なんて毛筆を使うこともないし草書行書なんて書かないから書き順を気にしなくていいのか、となると、違います。

1年生で習う漢字は、基本です。

土の書き順がおかしいと土へんの漢字や土の入る漢字すべてがおかしくなってしまいます。

1年生の漢字は、「最低限の書き順のルール」を覚えるために正しい書き順を知ることが大切なんですね。

書き順を覚える方法

書き順がおかしい、字が汚い、というと、書道教室に通わせたらいい、と言われることが多いです。

筆で書くと、書き順がおかしいと字がおかしくなるからです。

それなら、家でも筆で書けば書き順が直るんじゃないの?と安易に考えてしまいますが、結局は根気よく練習させるから直るんです。

筆を与えれば自然と書き順が身に付くわけではありません。

書道教室の先生がしっかりと教えてくれるから、身に付くのです。

要は毎日数分でも横に座って指導してあげるのが大切だということになります。

書き順の覚え方

書き順をリズムで覚える、というのは、小学校1年生でも楽しく取り組める率が高い方法です。

一画の長さをリズムにして覚える、という感じ。

たとえば「山」という漢字なら、「いーち、にいーい、さん」という風に。

【送料無料】漢字の本(小学1年生)新版 [ 下村昇 ]

こちらの本は、書き順を絵描き歌のように覚えられるように作られています。

親御さんといっしょに歌いながら覚えれば、楽しく正しい書き順をマスターすることができておすすめです。

子供が興味を持つように、楽しめるようにという工夫がいっぱいされていて、うちの子供も学年が進んでもこの本が好きです。

書き順でバカにするのもどうかと思うけれど

書き順がめちゃくちゃな人はバカだ、というような意見を見かけることもあります。

私は書き順ごときで人をバカ呼ばわりする方がどうなんだろうと思いますが、たしかにあまりにも変な書き順の大人を目の当たりにするとちょっとひいちゃうかもしれません。

書き順だけの問題じゃなく、「基本」が分かってる大人になることは大切なんだろうな、と思います。

繰り下がりの引き算の教え方【つまずきやすい1年生の算数】

1年生の算数の一番の山場と言われるのが、「繰り下がりのある引き算」です。

大人でも苦手な人も多いですよね。
それを小学1年生に理解しろ、計算しろというのですから、教え方にも困ったりしますよね。

子供にとって分かりやすい繰り下がりの引き算の教え方について、ご紹介します。

①10借りてきて引いて足す、という教え方

例えば、13-8という問題があるとします。

引かれる数の13を10と3に分けて、まず10から引く数の8を引きます。

残った2と、先ほど分けて置いておいた3を足して、答えは5です。

この考え方が一番計算が早いとされています。

学校でも、「さくらんぼ計算」と銘打って13を一度10と3に分けてから計算するようにプリントが作られていたりします。

慣れてくれば、8という数字だけに注目して、「10の分解」で8とペアになる2と3を足すだけで計算できるので、引き算ですが足し算だけで答えが出せるようになります。

②引く数を分解して、2度引く教え方

同じく13-8という問題があるとします。

引く数の8を3と5に分けて、13-3をして、答えの10からさらに5を引きます。

13-3-5ですね。

こちらも「数の分解」が必要になります。

計算しやすいように分解して引くので、これはこれでやりやすいかもしれません。

③足りない分を10からもらう教え方

同じく13-8で考えます。

一の位同士で引こうと思うと、3から8を引くには5が足りません。

なので、残ってる10から足りない分の5を引く、という考え方。

これも「数の分解」が必要で、練習してパッと見て3から8引くには5が足りない、と分かるようになれば10-5の計算だけで答えが出せます。

でも同じパッと見で数の分解ができるように練習するなら、常に10の分解でいい①番の方が習熟しやすいように思います。

「引く」ということを目で見て理解する方法

感覚的に「引く」ということが分かりにくいお子さんもいらっしゃいます。

記号の「-」が何だこれ、という時には、「-」を手の形に書いて、引かれる数から手が引く数を持って行っちゃうイメージを伝えてあげると分かりやすいようです。

具体的な物を減らすのも分かりやすいです。

例えばまたまた13-8の場合、おはじきなどを10個まとめて箱に入れて、バラで3個置きます。

まず10個の方から8個のおはじきを取って、2個残ってるおはじきとバラで置いてる3個のおはじきを合わせて、残ったおはじきは5個、と見せる。

または、3個のおはじきをまず取って、足りない5個を10個の箱のおはじきから取り、残りは5個、というように。

暗記が早いか、理解が大事か

応用力のある子供を育てる、というような目標を持っての教科書改訂があったと記憶していますが、応用力を鍛えるには単に計算が早いだけじゃなく、本質を理解することが必要だ、と読んだことがあります。

対して、計算の早さを求めれば、繰り上がり繰り下がりのパターンを覚えてしまえば早い、とも読んだことがあります。

子供の教育に携わる方々でも、考え方は様々なんですよね。

覚えるには、繰り返し練習すれば、覚えます。

欲張りになれば、本質を理解した上で練習を繰り返して覚えてしまえばいいんじゃないの、と思いますが、小学1年生が宿題した上にそんなに練習するような集中力ないんですよね。

無理強いして勉強嫌いになるのが一番いけない、とも読んだし、難しいな~と思います。

繰り上がりの足し算の教え方【つまずきやすい、1年生の算数】

1年生の最初の難関と言われるのが、「繰り上がりのある足し算」です。

今後も必要となるのが必須の計算なので、繰り返し練習して、スムーズに計算できるようにしてあげたいですね。

繰り上がりの足し算は、足す数を分解して計算するのが一般的

例えば、

7+8という問題の場合、

足される数の7と合わせて10にするためには3が必要です。

足す数の8を3と5に分けて、7と3を足して10、

その10と残った5を合わせて15、

と答えを出すのが今の主流です。

足す数を分解する、とひとつのルールにするのが良い

7+8なら足す数を分解するのも良いですが、3+9なら9を7と2に分けるよりも3を1と2に分けた方がなんとなく簡単です。

繰り上がりの足し算に慣れてきたら、もちろん足される数の3を分解してOK!

3+9は9+3と同じだから、3を1と2に分けて10+2は12、と答えを出せるようになると計算は早くなりますよね。

3+9と9+3は同じ、と習うので、それからでも良いと思います。

それまでは混乱を避けるために、足す数を分解する、とひとつのルールにする方が良いようです。

いくつといくつで10になるか、が大事

10にするにはあといくつ必要か、というのがスラスラ出てくれば、繰り上がりの計算は早くなります。

そのためにも、いくつといくつで10、という練習をしておくと良いですね。

1と9、2と8、3と7、4と6、5と5、6と4、7と3、8と2、9と1の全9通り。

少しずつでいいので、何度も根気よく練習して、すんなり出てくるようになると良いですね(*^_^*)

出来るようになれば自信が付きやすいのが計算問題

計算は練習すればするほど計算が早くなるのが自分でも分かりやすいし、早くなれば子供さん本人も楽しくなると思います。

そして、早く計算ができるようになると自信も付いてきます。

計算問題をする時に、タイムを計るようにすると早くできるようになったのが分かりやすくてモチベーションアップにつながると思います♪

算数、10のまとまりの教え方【意外とつまずく、1年生の算数】

今の小学生は、5のまとまり、10のまとまり、という教え方をするようです。
30代の私の子供の頃は、まとまりという考え方を習った覚えはありません。

この5のまとまり、10のまとまりという考え方は、たしかに理解すると後々の計算が早くなると思います。

けれど、自分が教わっていないものを子供に伝えるのは難しいですよね。

私も現在4年生のお兄ちゃんの時、教え方をいろいろと探してみました。
たしかに分かりやすそうで家の中の物ですぐできる、子供が理解しやすいとされる10のまとまりの教え方をご紹介します♪

身近なお金を使って10のまとまりを教える方法

私が一番5のまとまり、10のまとまりが分かりやすい、と思ったのは、お金です。

身近だし、子供ってお金好きじゃないですか?(^_^;)

1円玉を5枚で、5円玉になる。

1円玉が10枚で10円玉になる。

これって、大きい数を習い始めた時にも使えますよね。

10円玉が10枚で100円玉になる。

100円玉が10枚で1000円札になる。

1000円札が10枚で10000円札になる。

という具合に。

ひとつ懸念されるのが、それぞれの小銭と位の概念がちゃんと伝わるのかな?というところでしょうか。

でも位を理解するのはもう少し先の段階なので、とりあえず5のまとまり、10のまとまりを理解するのには良いと思います。

自分で手を使って、10のまとまりを作ってみる

鉛筆を用意するか、紙を切って同じ大きさのブロックを作るかなどして、同じものをたくさん用意します。

例えばブロックを作ったとして、
それを10枚数えて、輪ゴムで留めます。これが、10。

また10枚数えて、輪ゴムで留めて、これが10。

この10の束と10の束、2つで20。

さらに、5枚余っていたとします。

10のまとまりが2つと5枚のブロック、これで25。

というように教えてあげて、自分で10のまとまりを作る経験をさせてあげてみてください(*^_^*)
10枚がまとまる様子を目で見て、自分でもまとめてみることで理解が深まることが期待できます。

数の大小を理解できているかの確かめ方

どうしてもまとまりが理解できない、という場合、もしかすると数の大小の認識が途中だという可能性もあります。

数の大小の理解ができているかの確かめ方として、おはじきを使います。
おはじきなんて普通家にはないけど、小学校で購入する算数セットに入っていることが多いです。
なければ、身近にあるもので色違いの全く同じものを探してください。

赤いおはじき7こと黄色いおはじき8こを、バラバラに置きます。
そして、「赤いおはじきと黄色いおはじき、どちらが多い?」と子供さんにたずねます。

それぞれを数えたり、それぞれをグループにまとめて数を比べたりしたらちゃんと理解できていると思われます。

「分からない」という場合や、勘で答えた場合は、それぞれをグループ分けして、それぞれの数を数えて黄色いおはじきの方が多かったね、と見せてあげてください。

焦りは禁物!子供はちゃんと学びます

1年生の算数って、大人にとっては算数以前のいつ覚えたかも記憶にないくらいのものだったりするので、それを子供が理解できないとなるとどう教えたらいいのか分からないし、この子は大丈夫だろうかと心配になったりするかもしれませんが、子供はちゃんと学んでいくから大丈夫です。

一度にこちらが教えたい全部を理解できなくても、焦らず教えていけばちゃんと子供は理解してくれるから、気持ちを大きく持ってコツコツ教えてあげましょう♪

1年生の算数は今後ずーっと必要な超基本なので、きちんと身に付けさせてあげたいですよね。

子供さんが嫌になってしまわないことが一番大切なので、楽しい雰囲気で教えてあげることも大切です♪

 

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント