家庭学習と国立中学受験塾*小学生と中学生の学習*こども4C

受験は国立中学1本!ひとりひとりに時間をかけられない子沢山家庭にもできる、市販問題集を使った効率的な中学生と小学生の家庭学習を徹底研究!

家庭学習にもポイント制度を導入してみました

time 2017/08/16

家庭学習にもポイント制度を導入してみました

塾にちょくちょくある「ポイント制度」。

通塾でポイントが入ったり、何か成果があるとポイントが入ったり。

そうして生徒はポイントを貯めていって、希望する景品と交換できる、という仕組みらしいです。

子どものやる気を出させるために、ポイントを貯めて交換できるよ♪ってわけですね。おそらく。

家庭学習にも取り入れらないものかと、いろいろ検索してみました。

どういう景品があるのか、とか、どれくらいのペースで交換できるようなポイント付けなのか、とか。

ポイント制度導入

 

で、ポイントの一覧表と各人の獲得ポイント表を作って貼りました!

子供たち4人の獲得ポイントがわかりやすいように、競争意識を刺激するように意識してみました。

景品は、子供たちの希望も聞いて、カラオケやぬいぐるみなども入ってます。

経費をポイントでまかなえたら、と上靴とか必需品も入ってます(笑)

参考書・問題集は繰り返すほどポイントが倍々になるようにしました。

テキスト1周終わったら50ポイント、2周終わったら100ポイント、という感じで。

1周目よりも2周目3週目の方が楽にできるはずですが、せっかく買ったテキストを使いこんでほしくて。

だいたいの頭いい人は、問題集は1周やって終わりじゃなく、2周3周やって全部の問題を解けるようにするっておっしゃいますしね。

うちは一番上は中2、一番下は年中さんなので、ポイント付与はそれぞれの年齢に合わせて作りました。

中学生の長男には、定期テストでいい点取ればガバッとポイントが入るように。

小学生は4年と1年なので、ここも高学年用と低学年用に分けて、高学年はテスト重視、低学年はとりあえずやるべきことをしたらコツコツでもポイントが入るように。

年中さんは、細かくチェックしたりもせずこちらの言い値なので(笑)がんばってやってるな、と思ったらポイントプラスして、とか、めいろのドリルをやりきったら50ポイント、とかでやってみてます。

あと、家庭なのでお手伝いやお仕事をやってくれてもポイントが入るようにしています。

ひとりひとりにお仕事を決めているので、それをきちんとやったら1ポイント。

決められたお仕事以外のお手伝いをしてくれたらなんと5倍の5ポイント(笑)

景品とポイントのバランスですが、1ポイント10円換算で決めました。

3DSだったら、約2万円するから2000ポイントで交換できます。

3DS2台あったのに両方とも壊れて充電できなくなって、修理に持っていったら新品を買った方が安くつく、と言われたのでいま我が家に3DSがないのです( ;∀;)

長男はがっつり3DS狙い(笑)先は長いが、がんばれ!!

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント

    

    sponsored link