咳喘息の子供の治療ともらった薬

4歳の次女が「咳喘息」の疑いが濃厚です

咳喘息とは、ヒューヒューという喘息の特徴的な音はしていないものの、埃っぽい部屋にいると咳が出るとか、夜中とか明け方に決まって咳が出るとか、走ると咳が出るとか、風邪の他の症状はなくて同じ状況になると必ず咳が出る、というのが続くもの。

次女の場合は、寝入りばなに決まって咳が出るのが続いて、気になったので3日目くらいで受診しました。

これまでにも咳が続いて受診したことは何度もあります。

もともとアレルギー体質で、2歳前まではたまごアレルギーがひどくて卵はもちろん鶏肉も除去してたくらいでした。
たまごアレルギーは、抗アレルギー薬を飲んで検査したらなくなっていました。

アトピーもちでもあるし、喘息を起こす素因を持ってることは認識してるから咳に敏感になっちゃっています(>_<)

咳喘息でもらったお薬

「キプレス」という寝る前に一日1回飲む薬と、コンボン、ムコダイン、ジルテックが混ざった薬を一日3回です。

コンボンとムコダインは喘息にも使われる薬、ジルテックはアレルギーの薬みたいですね。

キプレスは、「喘息」という言葉がお医者さんとの間で出て初めて出た薬なので、喘息のお薬ってイメージです。

咳喘息の治療のためにやること

喘息は環境の要因も大きいようなので、めんどくさがりの私ですが部屋の掃除はめっちゃ頑張らないといけないな、と思っています。

でも、掃除以外にやりたいことがいっぱいある…。

でも、咳喘息から喘息に移行してしまったら後悔してもしきれないので、もしも喘息になっても「やれることはやった。それでなったなら仕方ない」と思えるように頑張ろうと思います。(p^ω^q)

環境を整えることと、ちゃんと薬を飲ませること。

それが咳喘息の治療で私が絶対やらないといけないことですね。

幼稚園の遠足、食べやすいお弁当のおかずとは?

春の遠足の季節ですね♪♪

子どもたちもワクワク、ママたちはワクワク半分、お弁当にちょっと悩まされます(^_^;)

近年キャラ弁というのがありますが、園から「子どもが食べやすいお弁当にしてください」って言われることもあるようです。

私は初めて子供のお弁当を作った時は、張り切り過ぎちゃいました。

たくさん食べる子だったし(今でもよく食べるけど)、たくさん歩いて疲れておなかペコペコだろうから、と思って、お弁当箱にパンパンに詰め込んでました。

スカスカだと子供もイヤだろう、と思ったし。

早く食べられるお弁当がいいかも?

でも自分が保育園の先生をやってみてよく分かったのですが、子どもたちがお弁当箱を開けて「ウインナー入ってる~」「見てーいちごー!」と盛り上げるのはひととき。

食べるのが早い子が必ずいるので、ひとりが早くに食べ終わって遊びだすと他の子どもたちも焦って食べ始めます。

で、たっぷり入ってる豪華なお弁当の子は食べ終わるのが遅くなって、遊ぶ時間が短くなってしょんぼりしてしまう…。

子供のためを思って、ママはたっぷりお弁当にしてるのに、なかなか難しいものです。

なので、今ではお弁当のおかずは少なめに、子どもが好きな物、食べやすいものを入れて、早く食べられるようにしています♪

年少さんは特に、なんなら手づかみでも食べられるおかずで

お弁当は普段と違ってビニールシートにお弁当箱を置いて食べるので、テーブルで食べる時よりもお弁当箱から口までの距離が長いです。

なので、フォークをグサッと差してそのまま口に運べるような、ミートボールとかプチトマトとかハンバーグとかからあげとかが良いと思います♪

あと彩りとして、人参を型抜きしてコンソメ煮にしたやつとか、ブロッコリーなんかも食べやすいですね。

おにぎりも一口でぱくっといけちゃうサイズで♪

サンドイッチも、小さめの具が少なめで。

具が多いとぽろぽろ落ちちゃいます。

レタスなんかも、栄養的には入れた方がいいし色味もキレイなんだけど落ちやすいので、ツナマヨだけ、とか、たまごだけ、とかでOKだと思います♪

楽しい遠足になるといいですね♪♪

全部食べてくれて、空っぽのお弁当箱を見ると、頑張って早起きして作って良かったなあ♪と幸せ気分になります♪

段取りが大切なので、お弁当の見取り図を描くとか、頭の中でシュミレーションしておくと当日の朝いい感じに動けますよ(*^_^*)

アレルギーによる皮膚炎?子供の全身の湿疹の原因

2歳の末っ子の全身の湿疹について、小児科の先生を信じているのですが気になってネットで調べてしまう私。

一番可能性が高そうかなあ?と思うのが、「慢性アレルギー性皮膚炎」です。現時点で。

次いで可能性が高そうかも?と思うのが、「あせも」。

慢性アレルギー性皮膚炎とは。アトピーとの違いとは。

私調べの私的解釈では ←要は自信がない(-_-;)

慢性アレルギー性皮膚炎はアトピーの一歩手前の状態で、アレルギー体質が根本にあって、そのせいで湿疹ができやすい体と化しており、できやすいもんだから治っても治ってもまた湿疹ができる状態。

アトピーは、同じくアレルギー体質があるうえで、乳児で2ヶ月以上、幼児で半年以上かゆくてしょうがない湿疹が続く状態。

うちの4歳の次女が3歳でアトピーの診断を受けたのですが(2歳までの小さい子どもはアトピーの診断が難しいらしい)アトピーの姉と末っ子の症状が違う、けど姉がアトピーなんだから素因は持ってるだろう、というところで慢性アレルギー性皮膚炎かなあ、と思いました。

まあ、湿疹が出だしてまだ1ヶ月半くらいであること、わりとすぐ治っては繰り返していること、とびひを繰り返していることからもなんかアトピーというよりも「湿疹のできやすい肌が湿疹を繰り返している」っていうのがしっくりくるかなと。

あせもの可能性もあるかも?

あと、今回の湿疹、前の記事で画像を載せましたが

子どもの全身の発疹画像また載せた(^_^;)

ちょっと縮小してます。

大きな画像は子どもの全身に湿疹が出てるけど、原因は?【画像あり】 で。

よくよく考えたら湿疹の出てる部分が頭がひどかったりとか、脇の下とこすれる部分の腕だったりとか、汗かきやすそうな部分と合致してるところが多いかも?と思って。

湿疹も、小さい赤い点々であせもの画像と似てる気がする。

末っ子、布団を蹴飛ばしてしまうか、布団に入る時には頭からかぶるんですよね。

最近急にぬくくなったから、頭から布団かぶって寝てる間にどっぷり汗かいてたのかも?

朝起きてきて汗びっしょりだった覚えはないんですけど、汗びっしょりになった後布団を蹴飛ばして汗が乾いたっていうよく風邪ひかずに済んだなって経過があったのかも?

とりあえず受診して薬は塗ってるし、また今週末か来週のはじめに受診するのでしっかり薬塗って飲ませてケアしたいと思います!

アレルギーの飲み薬

そうそう、アレルギーの飲み薬ももらっているんです。

あと、はじめのとびひの時と今回も頭がとびひだから抗生物質ももらっています。

毛虫かぶれって診断された時は飲み薬は何ももらわなかったです。

アレルギーの飲み薬でかゆみを抑える効果と鼻水に対しても効果があるようなんですが、かゆみへの効果のほどは微妙。

薬を飲んでる間はこれ飲んでてもかいてるけど?って感じで、でも薬をやめるとあーやっぱり飲んでる方がマシかも、と思うくらいです。

子どもの全身に湿疹が出てるけど、原因は?【画像あり】

子どもの全身の発疹画像2歳(もうすぐ3歳)の末っ子の全身に湿疹が出てます。

かゆみもそこそこ強そうで、特に頭をひどくかいていて、髪の毛で見えにくいけどとびひになっていると診断されました。

実はここ1~2ヶ月くらい、とびひを繰り返しています…。

引越しをきっかけに発疹が…ダニ?ホコリ?

はじめはこの画像よりも、もう少し水疱っぽいような感じでした。

その水疱っぽい発疹をかき壊してしまったのか、とびひになって受診したのが最初です。

ちなみに水イボも常にあるのですが、水イボよりももうちょっと小さくて、水持ってるようにも見えるんだけど?って感じ。

だからかき壊したのは水疱っぽい発疹じゃなくて水イボだったのかも?

引越しをしてすぐだったので、前の家で引越し準備であちこちひっくり返したからダニやらホコリやら見えない小さい虫にかまれたりとかしたのだろうか、と保育所の先生にも言われました。

はっきりとした原因はまあ突き止めようもなく、とびひに対して消毒(イソジン)と塗り薬(テラマイシン)で対応しました。

一度治って、今度の原因は毛虫かぶれ?

で、とびひは一度治ったんです。

完璧にキレイに治ったね!!ってほどまではなかったんですけど、あらーすっかり良くなりましたね~♪って保育所の先生に言われるくらいには。

ところが今度、いわゆるデコルテラインというか、太ってて鎖骨ないけど鎖骨のあるあたりに画像よりももっと細かい赤い点々が密集してできました。

再び受診したところ、「毛虫にかぶれるとこんな感じになる」とのことで、虫刺されに強い軟膏をもらいました(オイラックス)。

月曜日の朝に湿疹が出て、日曜日に桜の木を見上げて花を見てたので、早くも毛虫がいたのかな?と自分を納得させようとはしましたが、本当に毛虫が原因なのかはやっぱり不明。

薬はイマイチ効いてる気もしなかったけど、まあ徐々に点々が枯れて消えていくような感じでした。

で、あーやっと湿疹が痕だけになってるなあ、という状態まで持ち直しました。

そして現在、全身にこんな湿疹が出てます。

もう、なんなんだか?

全身だけど、おなかとか背中とかには少なくて、肩とか脇の下に触れる上腕とかに目立ち、頭が最もひどいです。

4歳の次女がアトピーって診断されてるんですけど、アトピーとは違うっぽい。

でもアトピーの湿疹にもいろいろあるんならそうかもしれない。

また受診して、どうもすっきりしないねってことで、再びイソジンと今度はテラ・コートリルという軟膏をもらいました。

私はかかりつけの小児科に行ってるんですけど、はじめのとびひの時に皮膚の事は専門家かなと思って皮膚科にまず行ったんですよね。

で、その時にはやっぱり子供のことは小児科かな、子どもたちみんないつもお世話になってて兄妹通して子どもたちの体質の傾向とか分かってくれてそうだし、と思って小児科に変えました。

どっちが正解なんだろう…。

でも私は自分でいろいろ調べちゃうけど、どっちにしろ迷うから最後はお医者さんを信じたい人なので、いつもお世話になってる小児科に結局行くんですよね。

こうも長引くと、セカンドオピニオンじゃないけど、やっぱり皮膚科に行った方がいいのかなあ?とも思ったり…。

小学生の子どもの花粉症、アレルギー体質

4月から小学6年生になったばかりの子どもの花粉症の話です。

近大青みかんサプリメントは子供にも大丈夫?何歳から?でも書いた通り、うちの息子は花粉症がひどいのです。

耳鼻科とのお付き合いは早9年。まだ11歳なのに(笑)

先日、耳鼻科の先生に「あまりにひどいから検査して原因を知った方がいい」と言われ、血液検査をしました。

アレルギー検査ですね。

そうしたら、なんとスギがクラス6。最高レベル振りきっちゃいました!!

しかも、花粉症って年を取るごとにひどくなるそうですよΣ(ω |||)
(なんか、なにかが)もう無理じゃん、と思いました。

あと、ヒノキがクラス3。

河川敷とかに多いと聞いたことのあるブタ草がクラス1。
わりと周りにちょこちょこ川があるし、大きめの川も近くではないけどちょっと行けばあるのでもっとブタ草ひどいかと思ったら、意外と低かった。

聞いたことなかったカモガヤがクラス4。
カモガヤ???って感じですが、空き地や川辺に多いらしく、5月いっぱいまで続くそうです。

あと、ダニとハウスダストがともにクラス3。
先月引越しするまでダニとホコリのパラダイス的な家にしてしまっていたので、これにはひたすらに反省です。
新居は絶対、こまめに拭き掃除するぞ!!

ダニとハウスダスト対策には、とにかく掃除機と拭き掃除だそうです。
そして、物を極力減らすことだそう。
寝る時にはぬいぐるみとかそばに置かない、とかもおっしゃっていました。
一緒に寝てる末っ子がほぼ毎晩ベッドに持ち込んでいますが…ぬいぐるみ。

全体的なアレルギーの値、というのもあり、基準値170以下というものが長男は309。

この年齢でこの数値はたいしたもんだと言われました。

いいように言えば、体に異物が入って来ないようにブロックする機能の高い人、能力の高い人、
とフォローもいただきました…ありがとうございます、先生。

数値の高いアレルゲンが1こ2こなら治療法もあるらしいんですが、こういくつも高いとひとつふたつ抑えたって意味がない、というようなことも言われました。

症状が出る時期に症状を抑えていくようにするしかない、と。

喘息の発作が出てもおかしくない数値だそうで、発作がない時に走るとか、心肺機能を高める鍛練をした方が良いとも言われました。

ゲーム三昧のゲーマー息子が健康のために走る姿なんて想像できませんが、プールを習っている(水泳か)のでちょっとはいいかもな、と思いました。

食物アレルギーの検査は今回していないのですが、保育園児の頃にした検査ではいろんな食べ物にクラス1か2の値が出ていました。
なかなかハイレベルなアレルギーの持ち主なのかもしれません。

今検査したらどうなってるんだろ?
耳鼻科の先生には「検査してみたらおもしろいでしょうけどね」と言われました。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント