家庭学習と国立中学受験塾*小学生と中学生の学習*こども4C

受験は国立中学1本!ひとりひとりに時間をかけられない子沢山家庭にもできる、市販問題集を使った効率的な中学生と小学生の家庭学習を徹底研究!

小学校1年生、ピアノを習い始めました

time 2014/10/02

以前、小学校1年生の娘の習い事をいろいろと考えていました。

かかる費用などを調べてみたり。

バレエについてはこちら

ピアノについてはこちら

そして、我が家では子供の希望もあり、そして費用が安く済むし、テレビで「子供の習い事はピアノだけで良い」と脳科学の専門家が言っていたのもあって、ピアノを習うことにしました。

8月の夏休み中に体験させてもらいに行って、9月から習っています。
まだ1ヶ月ほどですが、ちょっと上達してきたんじゃないの?と思います。

はじめは緊張していた様子の娘も、最近ではピアノ教室を出てすぐ「楽しかった!!」と言うようになり、一安心♪
やっぱり楽しく通えるのが一番ですからね~。

ヤマハなどの大手の音楽教室にするか、個人でやってらっしゃるようなピアノ教室にするかは悩み、
両方行ってみよう♪と、とりあえずお友達が通っているピアノ教室を紹介してもらって体験を予約。

その予約日にヤマハ音楽教室のチラシがポストに入っていて、ちょうどいいわ、と思ったのですが、体験ですっかり心をわしづかみにされた娘。

「絶対ここがいい!あの先生いい人!!」
とヤマハの体験すら嫌がるので、もうヤマハには行かずに個人のピアノ教室に決めました。

週に一回、本人の集中力に合わせてくれるということで、今は45分くらい。
それで、お月謝は月に6000円。

発表会は1年半に1回だそうで、今年ももうすぐあるそうなのですが、本人が出ない!と譲らないので今年は辞退することになりました。
次回は、かわいいドレス着てピアノの発表会に出られるかな?

ネットで子供用のピアノのテキストを買って家で練習させてみよう、と思ったこともありましたが、やっぱりピアノは専門の先生に習うべきだな、と思いました。

単に弾く練習だけじゃなくて、譜読みやリズム、指使いに拍子などなど、短い時間にいろんなことを教えてくださいます。
そしてそれらが全部備わらないとダメなんだな、と思うと、早々に独学を諦めて習うことにして良かったな、と思います。

テキストは、買ったものがちょうど娘のレベルには合う物だったようで、そのまま使ってもらえて無駄にはならなかったので良かったです♪

ちなみに、楽譜 ぴあのどりーむ 1(はじめてピアノをならう子のために初級ピアノテキスト)です。

超簡単な楽譜しか出てきませんが、絵がキレイで子供の興味を引くのと、先生用の楽譜も載っていて連弾したりして楽しく練習できています。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント

    

    sponsored link