家庭学習と国立中学受験塾*小学生と中学生の学習*こども4C

受験は国立中学1本!ひとりひとりに時間をかけられない子沢山家庭にもできる、市販問題集を使った効率的な中学生と小学生の家庭学習を徹底研究!

子供部屋の照明の明るさは?ペンダントライト&シーリングライトがおすすめ

time 2013/12/26

子供部屋の照明には、明るく部屋全体を照らしてくれる蛍光灯がおすすめです。

机だけでなく、ベッドで漫画や雑誌を読んだり、床でお絵かきをしたりと子供の行動は部屋全体に渡ります。

また、机には手元を照らすための照明があると、より良いですね。

子供部屋に適した照明の明るさは?

蛍光灯では、20Wもあれば良いとよく言われるようです。

明るいに越したことはないような気もしますが、あまりに明るくても落ち着かないかもしれませんね。

まったり過ごすにも、本を読むにも幅広く適すのが20Wなのかもしれません。

小学校低学年までのお子さんに特におすすめの、ペンダントライト

かわいいペンダントライトは、小さいお子さんの子供部屋にぴったりです。

明るい光にかわいいデザインが子供部屋らしい感じ(*^_^*)

こちらは、シェードがチェックやドットだし、色もカラフルで子供部屋の照明として人気です。

30Wタイプもあります。

部屋全体を明るく照らす、シーリングライトはタイマー付がおすすめ

子供が大きくなってくると、シンプルなシーリングライトがおすすめ。

多機能なシーリングライトが1万円以内でたくさんあります。
特におすすめなのが、タイマー機能。

子供がテレビを観ながら寝てしまったりして、電気代がかさんでイライラするようなことが解消されます。

また、小さいお子さんを寝かしつけているお母さんやお父さんにもおすすめです。
寝かしつけながら、ついつい自分が寝てしまうことってありますよね。

タイマーをセットしてから寝かしつけに入れば、お母さんが眠ってしまっても電気は消えてくれるので、節電になります。
ちゃんと暗い部屋で眠ると、眠りの質も良くなりますよね。

 

こちらは、タイマー付でメモリ機能付き。

メモリ機能では、その部屋に適した明るさに設定したら覚えていてくれる機能です。

いちいちリモコンでセットしなおさなくても、壁のスイッチを入れればセットした明るさになってくれます。

リモコンも意外と便利と好評なのが、点灯ボタンを押して明るさを調節するタイプではなく、全灯、省エネ、消灯、常夜灯、とそれぞれのボタンが独立しているんです。

省エネモードは、60%点灯と30%点灯が選べます。
60%点灯で充分、というお部屋も多いようですよ。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント

    

    sponsored link