小学生の漢字の覚え方、おすすめのプリント

小学生の漢字の覚え方のおすすめは?

元々小学校の先生で、百ます計算で有名な陰山メソッドの陰山先生によりますと、

漢字はまず学年で習う漢字を一学期中に覚えてしまい、
二学期以降は復習にあてて繰り返すことでよく覚えられる

そうです。

学校で習うたびに、予習復習をしてひとつずつ確実に覚えていくのも良いと思うのですが、
それだと一学期に習った漢字は三学期には記憶が薄くなってしまう、という懸念があるようですね。

その点、まずザーッと全部の漢字をとりあえず覚えて、その時点では全部がおぼろげだと思うんですけど、何度も書いていくうちにすべての漢字が定着しやすい、とのこと。

たしかに、一度間違うと記憶に残りやすかったりもしますしね。

ただ、一通り覚えていくっていうのもそこそこハードル高いですよね。

一日二日では無理ですから、継続しないと一周すらできません。

そこで、この勉強法を実践する際におすすめのドリルがこちらです。

新漢字100日プリント

100日、三か月ちょっとくらいなので、ちょうど一学期中に終われる感じ♪

一日分がそんなに多いわけでもないし、書く部分が多すぎないので続けやすいのではないでしょうか。

漢字の定着と熟語を覚えるのにもぴったり

100日プリントにも復習ページはありますが、一通り全漢字を覚えたら次は繰り返しです♪

シンプルに全漢字を最小限の労力で覚えられそうなのが、陰山メソッドの全漢字プリント。

徹底反復新・漢字プリント―小学校全学年 (教育技術MOOK 陰山英男の徹底反復シリーズ)

こちらのいいところは、なんといっても全学年分あるところ(笑)

短い文章にたくさんその学年の漢字が入っていて、効率よく復習できます。

うちには小学生が2人いますので、二人とも鉛筆とノートを用意して書き取りの準備をしてテーブルについて、妹の問題を読んで、兄の問題を読んでって交互に問題文を読み上げて聞き取りながら書き取らせ、どちらが早く終わるか?!という競争方式で使っています♪

兄の小学校の担任の先生から漢字テストを聞き取り式にしたら子どもたちの集中力が上がった、という話を聞いていたのでマネしました☆

この漢字プリント、熟語のコーナーが思ってたより多くって、やっぱり熟語って大事なんだなって思いました。

熟語をたくさん知ると漢字の意味や音がヒントになって、分からなかった漢字がたぶんコレかなってあたりをつけられるようになったりするのでいいと思います♪

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント