繰り下がりの引き算の教え方【つまずきやすい1年生の算数】

1年生の算数の一番の山場と言われるのが、「繰り下がりのある引き算」です。

大人でも苦手な人も多いですよね。
それを小学1年生に理解しろ、計算しろというのですから、教え方にも困ったりしますよね。

子供にとって分かりやすい繰り下がりの引き算の教え方について、ご紹介します。

①10借りてきて引いて足す、という教え方

例えば、13-8という問題があるとします。

引かれる数の13を10と3に分けて、まず10から引く数の8を引きます。

残った2と、先ほど分けて置いておいた3を足して、答えは5です。

この考え方が一番計算が早いとされています。

学校でも、「さくらんぼ計算」と銘打って13を一度10と3に分けてから計算するようにプリントが作られていたりします。

慣れてくれば、8という数字だけに注目して、「10の分解」で8とペアになる2と3を足すだけで計算できるので、引き算ですが足し算だけで答えが出せるようになります。

②引く数を分解して、2度引く教え方

同じく13-8という問題があるとします。

引く数の8を3と5に分けて、13-3をして、答えの10からさらに5を引きます。

13-3-5ですね。

こちらも「数の分解」が必要になります。

計算しやすいように分解して引くので、これはこれでやりやすいかもしれません。

③足りない分を10からもらう教え方

同じく13-8で考えます。

一の位同士で引こうと思うと、3から8を引くには5が足りません。

なので、残ってる10から足りない分の5を引く、という考え方。

これも「数の分解」が必要で、練習してパッと見て3から8引くには5が足りない、と分かるようになれば10-5の計算だけで答えが出せます。

でも同じパッと見で数の分解ができるように練習するなら、常に10の分解でいい①番の方が習熟しやすいように思います。

「引く」ということを目で見て理解する方法

感覚的に「引く」ということが分かりにくいお子さんもいらっしゃいます。

記号の「-」が何だこれ、という時には、「-」を手の形に書いて、引かれる数から手が引く数を持って行っちゃうイメージを伝えてあげると分かりやすいようです。

具体的な物を減らすのも分かりやすいです。

例えばまたまた13-8の場合、おはじきなどを10個まとめて箱に入れて、バラで3個置きます。

まず10個の方から8個のおはじきを取って、2個残ってるおはじきとバラで置いてる3個のおはじきを合わせて、残ったおはじきは5個、と見せる。

または、3個のおはじきをまず取って、足りない5個を10個の箱のおはじきから取り、残りは5個、というように。

暗記が早いか、理解が大事か

応用力のある子供を育てる、というような目標を持っての教科書改訂があったと記憶していますが、応用力を鍛えるには単に計算が早いだけじゃなく、本質を理解することが必要だ、と読んだことがあります。

対して、計算の早さを求めれば、繰り上がり繰り下がりのパターンを覚えてしまえば早い、とも読んだことがあります。

子供の教育に携わる方々でも、考え方は様々なんですよね。

覚えるには、繰り返し練習すれば、覚えます。

欲張りになれば、本質を理解した上で練習を繰り返して覚えてしまえばいいんじゃないの、と思いますが、小学1年生が宿題した上にそんなに練習するような集中力ないんですよね。

無理強いして勉強嫌いになるのが一番いけない、とも読んだし、難しいな~と思います。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント