アーカイブ ‘ 2015年 4月

アトピーの子供の治療は、自己判断でやめない

4歳の次女は、先日「咳喘息」と言われましたがもともと「アトピー」でもあります。

両方、元がアレルギーが原因の病気だからアトピーだと言われた時点で喘息が起きる可能性も言われていました。

詳細を見る

子供が夜寝る前、寝る時に咳が出るのはなぜ?

4歳の子供が咳喘息の疑いと言われたのですが、きっかけは夜寝る時になると咳がひどくなるからです。

寝かかったかな~というくらいでえらく咳き込んで、起きるんじゃないかと思うんだけど一応そのまま寝てるようなんですけどね。

寝入りばなだけ咳が出て、寝入ってしまえば咳が出ない夜もありましたが、夜中にまた咳き込んで、また治まって…という日は、私が寝不足になります。

詳細を見る

咳喘息の子供に!悪化させない一工夫と、布団のダニの効果的な除去方法

4歳の子供が咳喘息といわれ、いろいろ調べています。

掃除は絶対、布団はできるだけ毎日干す、掃除機もできるだけ毎日かける、とホコリに要注意だな、と認識しました。

意外なところでへえ~~と思ったのが、

鼻水を取る時はティッシュより濡れタオル

ということ。

ティッシュからはホコリがけっこう出てるそうです。

言われてみれば、たしかに!

これは実践しようと思います。

ハンドタオル、なんやかんやもらってたくさんあるし。

布団のダニには天日干し+布団叩き+掃除機

アレルギーの原因の9割はダニとまで言われるほど、大きな大きなアレルゲンがダニだそうです。

そこまで?!とびっくりしました。

布団は干す、叩く、が布団干しかなと思っていましたが、

  1. 布団を干す…あまり意味なし?(ダニが死ぬ温度にまでは上がらない)
  2. 布団を叩く…ダニやフンを表面に出す
  3. 取り込んで掃除機をかける…表面に出たダニやフンを取り除く

というわけで、「掃除機をかける」までやらないと効果はないそうです。

こちらに実験結果が載っていました。
干してたたくだけでは逆効果 布団ダニの退治法  :日本経済新聞

いろいろなサイトを見てまわったんですけど、

「よく布団をたたく」「布団をたたくのは絶対にダメ!」

など、相反することが書いてあるんですよ。サイトによって。

結局どうなんだと思ったんですけど、このページを見て納得できました。

すでに布団をたたいただけで押し入れにしまい込んでしまった私。

布団は干して叩いて掃除機かけて、日光で暖まった布団をしばらく放置して冷ましてから押入れにしまわないといけないようです(-_-;)

明日から、自信を持って干して叩いて掃除機かけて、ダニ退治だ!

ちなみに、週に一度くらいでいいようです。

とは言え気になるから、初めの一週間くらいは毎日やろうかなと思います。

雨の日は、掃除機かけだけでもやるとだいぶアレルゲンの具合が減るそうですよ♪

一番大事なのは掃除機をかけることってことなのかな。

布団ってとっても掃除機かけにくいんですけどね。くっついてくるから。

妊婦で親子遠足、服装は?妊娠中の遠足について

妊婦さんは服装も無理しないで

バスに乗ったり、たくさん歩いたりする親子遠足。

普通ママは動きやすい服装ということでパンツルックですが、妊婦さんの場合はらくちんなワンピースにレギンス、とかで全然OKです。

無理して気分が悪くなったりしたら大変です。

着なれたワンピースに締め付けないレギンス、履き慣れたスニーカーに軽量タイプのリュックがいいんじゃないでしょうか。
軽量タイプのリュックの一覧はこちらから♪(楽天市場) ≫

ちなみに私はスニーカー自体が履き慣れてなかったのですが、ローヒールの履き慣れた靴かスニーカーを買ってくるか悩んで、まあこれから履けばいいかと思ってスニーカーを買いました。

数年たった今ではスニーカーもけっこう履くようになりました♪

やっぱり、たくさん歩く時はスニーカーが楽でいいですね。

妊娠中の遠足で注意したいこと

とりあえず、何かあった時に備えて母子手帳は持って行った方が安心です。

そして絶対なのが、無理しないこと。

妊婦さんなのは先生方も分かっているし、先生方も何度も妊婦さんと一緒の遠足を経験しているから、甘えて大丈夫です!

できればパパに行ってもらうのが一番安心

パパが平日休みだったり有給取れたりするんなら、やっぱりパパに頑張ってもらうのが一番安心ではありますよね。

気兼ねなく子供と走れるし。

パパひとりじゃ不安だったら、ママとふたりで参加もいいと思います♪

でも、パパひとりで遠足に参加するのも楽しかった!ってパパさん多いですよ。
(こちらに♪ ≫親子遠足に参加すべきかどうか – 育児 | 教えて!goo

園の行事って親子単位だから親子の絆が深まるし、普段見れない子どもの姿を見られたりで行ってみたら案外楽しかったりするんですよね。

私も行事ってめんどくさいとしか思わないタイプなんですが(^_^;)
行ってみたら案外楽しんで帰ってきてます。

咳喘息の子供の治療ともらった薬

4歳の次女が「咳喘息」の疑いが濃厚です

咳喘息とは、ヒューヒューという喘息の特徴的な音はしていないものの、埃っぽい部屋にいると咳が出るとか、夜中とか明け方に決まって咳が出るとか、走ると咳が出るとか、風邪の他の症状はなくて同じ状況になると必ず咳が出る、というのが続くもの。

次女の場合は、寝入りばなに決まって咳が出るのが続いて、気になったので3日目くらいで受診しました。

これまでにも咳が続いて受診したことは何度もあります。

もともとアレルギー体質で、2歳前まではたまごアレルギーがひどくて卵はもちろん鶏肉も除去してたくらいでした。
たまごアレルギーは、抗アレルギー薬を飲んで検査したらなくなっていました。

アトピーもちでもあるし、喘息を起こす素因を持ってることは認識してるから咳に敏感になっちゃっています(>_<)

咳喘息でもらったお薬

「キプレス」という寝る前に一日1回飲む薬と、コンボン、ムコダイン、ジルテックが混ざった薬を一日3回です。

コンボンとムコダインは喘息にも使われる薬、ジルテックはアレルギーの薬みたいですね。

キプレスは、「喘息」という言葉がお医者さんとの間で出て初めて出た薬なので、喘息のお薬ってイメージです。

咳喘息の治療のためにやること

喘息は環境の要因も大きいようなので、めんどくさがりの私ですが部屋の掃除はめっちゃ頑張らないといけないな、と思っています。

でも、掃除以外にやりたいことがいっぱいある…。

でも、咳喘息から喘息に移行してしまったら後悔してもしきれないので、もしも喘息になっても「やれることはやった。それでなったなら仕方ない」と思えるように頑張ろうと思います。(p^ω^q)

環境を整えることと、ちゃんと薬を飲ませること。

それが咳喘息の治療で私が絶対やらないといけないことですね。

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント