カテゴリー ‘ 子供の病気、症状

インフルエンザ予防接種の副作用は子供に危険?

私は子育て10年目ですが、

「インフルエンザの予防接種は必要ない。副作用が危険。予防接種をしても効果がない」

と聞いたことがあります。

でも、病院で聞けば「予防接種はした方が良い」と言われます。

この差は何なのか?

インフルエンザの予防接種の副作用とは?

そもそもインフルエンザの予防接種による副作用がそんなに危険なのか?

主な副作用は、予防接種を打った部分が腫れることです。

うちの子供も一度腫れたことがあり、子供の細い腕に盛り上がり広がって真っ赤に腫れているのが痛々しいし心配になって病院に連れて行ったことがありますが、放っておいても2~3日もすれば治まるらしく、逆に治まらないなら受診してください、とのことでした。

案の定、治まったので再受診することもなく終わりました(^_^;)

2回目の接種で腫れたので、体質ということもなさそうだし、現在9歳ですが腫れたのはこの1回だけです。
どうしてあの時は腫れちゃったんだろう?という感じ。

腕が腫れることに大きな問題はありません。

よって、ほとんどの副作用、副反応は問題ないと考えられると思います。

でも、子供じゃないんですけど私の友達は介護の仕事をしてたので勤め先でインフルエンザの予防接種を受けて、翌日発熱などがあり、副反応が疑われていました。

でも予防接種の時期って、季節の変わり目で本格的に寒くなっていく頃なので、普通に風邪ひいちゃうタイミングと重なる可能性もあるんですよね。

まあ大事には至らずすぐに回復されたので、重い副作用・副反応はまれなんだとは思います。

たまごアレルギーのある子供さんは要注意

うちの次女は卵アレルギーがありました。

インフルエンザの予防接種に使うワクチンは鶏の卵から作るので、卵アレルギーがあると接種できない病院が多いです。

でも、「大丈夫大丈夫」と打ってくれる病院も確実にあります。
私が出会った病院の先生は、インフルエンザの予防接種はもちろん、もっと卵アレルギーがある人にはダメとされるMRのワクチンすら大丈夫大丈夫、と打った方がいい、とおっしゃっていました。

たしかに、MRを打たずにはしかや風疹にかかる方が副作用よりもリスクが上だというのは分かります。

でも怖くて、結局違う病院で食物アレルギーに対する治療をしながら(薬を食前に飲みました)2歳間近でアレルギー検査を再度受けて、卵アレルギーがなくなっているのを確認してから打ちました。

子供の便秘の症状は腹痛だけじゃない、発熱、嘔吐も

子供も便秘します。
それも、わりとよく便秘すると思います。

我が子では、小学校に上がるか上がらないかくらいの頃に長男が便秘でマグネシウムを処方してもらったことがあります。
薬を飲むと、便を柔らかくしてくれるので、長男のようにトイレで時間がかかるタイプの子にはとってもおすすめです。

次女も、赤ちゃんの頃母乳だったのに新生児期から便秘でした。
毎日、おむつ替えの時に肛門を刺激しましたが出ず、2日目くらいに一度綿棒浣腸、
それでも出なければ1日2~3回綿棒浣腸をしました。
離乳食が始まると、自然と治りました。

我が子たちは、いずれも目立った症状はありませんでした。
便が出ていない日にちを数えて、そろそろケアしないと、という感じ。

便秘の症状、いろいろ

便秘と言えば思いつくのは、やはり腹痛でしょうか。
おなかにガスが溜まったような、腹部膨満感が辛いんですよね。

子供の場合は、さらに便秘が原因で熱が出ることもあります。

以前混んでる病院で話したお子さんが印象的だったのですが、
生後2か月で熱が出てる
と心配されていたお母さんが、受診後に話を聞いたら

「便秘が原因だろうからって言われて、浣腸してもらった」

と言うので、大変驚きました。
便秘って熱出るの?!と思って。

子供さんは、さらに嘔吐することもあります。

大人なら便秘で嘔吐ってあまりないと思いますが、
子供は便秘で腹痛に加え嘔吐することもあるのです。

なので、小児科のお医者さんでも、感染性胃腸炎特有の便が出るまでは便秘と感染性胃腸炎の診断がつかないこともあります。

また、ただの便秘ではなく他の病気が潜んでいる可能性もあります。

ただの便秘でも薬をもらったりして子供の辛さを軽減してあげることができますし、
もしかしたら他の病気なのかもしれません。

便秘くらいで受診するのもなあ、とはばかられるところですが、
便秘が辛そうならば病院に連れて行ってあげて相談することをおすすめします。

子供が風邪で発熱のある時のお風呂

子供の風邪で発熱がある時でも、お風呂は入った方が良い

昔は風邪の時にお風呂は厳禁、みたいな感じでしたが、

ここ数年ではすっかり微熱程度だったら(私は37度台の熱と解釈しています)お風呂に入った方が良い、と考えられているのが主流のようです。

お医者さんによっては、38.5度以下ならOK、というお医者さんもいらっしゃいます。
単に個人的に、38度以上だとちょっと不安、という理由でお風呂も入れないです。
逆に37度台の熱ならちょっとなめてる、と言えるかもしれません(^_^;)

お風呂に入るのは良いとはいえ、推奨される入り方、避けた方が良い入り方があります。

39~40度のぬるいお湯のお風呂に短時間浸かるのは良いとされています。
でも、熱いお風呂は体力を消耗するので良くありません。
また、長湯するのも同じく体力を消耗するので良くありません。

風邪には、安静、保温、十分な栄養補給が大切

お風呂に入ったら、詰まっていた鼻がスッキリ通ったという経験はありませんか?
子供の風邪でも同じで、湯気で鼻に詰まってるものがゆるんだり、鼻水が流れきったりするんじゃないでしょうか?
お風呂上りに鼻吸い器で鼻水を吸ってあげると、キレイに取れてその後の寝つきも良くなる効果も期待できます♪

寝つけない、寝ていても鼻水が喉の方に流れて咳き込んでしまうなどでしっかり眠れないと、
大切とされる安静が足りませんよね。
しっかり眠ることは本当に大切だと思います。

風邪で発熱のある子供をお風呂に入れる時の注意点

まず、湯冷めさせないことが大切ですよね。
脱衣所やお風呂場を暖かくしておくという準備が必要です。

浴室暖房が付いていれば付ける、付いていなければお風呂の蓋を外して湯気でお風呂場や脱衣所を暖めたり、小型の暖房器具を持ち込んで暖めるなど、工夫してあげましょう(*^_^*)

次に、お風呂のおもちゃなどで遊んで長湯にならないようにすること。
お風呂で遊ぶのが楽しみなお子さんも多いと思うのですが、長湯は体力を消耗するので良くありません。

お風呂上りは、体がほてっているうちに寝かせないこと。
汗をかいたまま寝ることになってしまったりすると良くありません。
また、体が熱いうちに寝ると布団をきちんとかぶってくれずに熟睡してしまい、ほてりが冷めると体が冷えたりする心配もあります。

また、髪の毛はよく乾かしてあげてくださいね。
女の子は特に、髪が長いと背中が濡れてしまったりして、これも冷えを招く原因になり得ます。

とまあ、注意点も多々ありますが、基本的には風邪で発熱がある時以外でも普段から気を付けてあげると良さそうなことだったりもしますね(^_^)

子供の嘔吐、熱なしの場合、発熱を伴う場合

子供の嘔吐は突然始まることが多いです。

我が家の子供たちで多かったのは、夜中寝ていて、突然吐く、というパターン。
その後は、修羅場です(>_<)

まず考えられるのは、ロタウイルスやノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎。
保育所などで集団感染することが多いので、病気のお知らせ欄に
「ロタウイルスにかかったお友達がいます」
という張り紙がされると、うちにも来るか?!と構えてしまいます。

熱がなくても、下痢がなくても感染性胃腸炎の可能性が高いです

ロタウイルスやノロウイルスなどの感染性胃腸炎は、嘔吐、下痢、発熱がセットの症状とされていますけれど、実際には嘔吐が治まってからの下痢が多いです。

なので、熱がないのに嘔吐してる…聞いてた症状と違う…別の病気?と不安になる親御さんも多いのですが、実際には翌日や2日後に下痢しだして、やっぱりロタだったね、ノロだったね、という展開も多いものです。

発熱は、出る子と出ない子があります。

同じウイルスであろう同じ保育所に通っていて、同時期に嘔吐しだしたのに、発熱のない子、微熱で済んだ子、高熱に苦しんだ子、と、症状が違ったりもします。

ちなみに我が子たちは、たいがい高熱に苦しみます。
発熱しやすい体質なのかな?と思ったりします。

発熱、嘔吐、下痢はいずれも子供の体に脱水症状を招きやすい症状です。
経口補水液をこまめに少量ずつ飲ませて、脱水症状を防いであげましょう。
大塚製薬 OS-1(オーエスワン)500ml 【24本set】=1ケース [特定用途食品]

 

嘔吐から考えられる子供の病気について

下痢よりも嘔吐の方がなんだか心配度が高い気がしてしまうものですが
どういう病気が考えられるのか?が心配になることもあると思いますので、
参考になりそうなページをご紹介します。

嘔吐から考えられる子供の病気

胃腸炎は薬がないので、病院に行かない、という方も多いのですが、
私は病院で診てもらったこと事態が安心材料になるので、なるべく診てもらうようにしています。

子供の様子によっては、受診よりも家で寝かせることを優先する時もありますが、これは病院に行かないとやばい、これなら家で寝てるだけでもおそらく大丈夫、という親の勘が働くこともあります。
どれくらいその親の勘が正しいのかは、分かりませんが…。

2歳~10歳の痩せ型の男の子が何度も吐く場合は、自家中毒かも?

先ほどご紹介したページにもあった、「自家中毒」。

私はてっきり「自宅での食事で食中毒」のことかと思いましたが、全く違う「アセトン血性嘔吐症」という病気だそうです。

自家中毒(アセトン血性おう吐症)

2~10歳までのやせ型で神経質な男の子に多いそうですが、実際には小学生の間は続くこともあるようで、女の子でも自家中毒の経験者は多いようです。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/1109/553124.htm?g=03
こちらに経験談がたくさん投稿されているので、参考になるのではないでしょうか。

いずれも、中学校に上がる頃には自然と治るものみたいです。

また、神経質な子供さんに多い、ということですが、子供が神経質なのは親の育て方のせいではありません。
気持ちをゆるく持って、子供さんの看病にあたられてくださいね(*^_^*)

子供の咳を止める方法②はちみつ

子供の咳を止める方法として、はちみつも大変有効だそうです。

玉ねぎを使った超簡単な咳止め方法もご紹介しましたので、
良かったら参考にされてくださいね。
子供の咳を止める方法は、玉ねぎ?!

はちみつもなめるだけでも、咳を止める効果を発揮する優れものです。

はちみつには、抗酸化作用や抗菌作用があり、喉の奥の症状を和らげる効果があるそうです。

我が家でも、子供たちが咳をしだすと、大根シロップをよく作ります。

作り方は簡単で、わりと小さ目に切った大根を瓶に入れて、はちみつを注いで半日~1日くらい置いたものをスプーンで飲ませます。

大根から出た水分(エキス?)でかさが増えるので、初めて作ったあたりは大根が隠れるくらいのはちみつを入れていたのですが、大根の8分目くらいでも良いと思います。

私は大根濃いめの大根シロップが好きなので、大根が隠れるほどははちみつを入れないですね。

この大根の方は、歯ごたえがたくあんみたいになるので、お漬物好きな我が家の子供たちは大根本体も食べます。

大根を薄めに切った方がエキスが良く出て効きそうな気がしたから薄めに切ってた時期もあったのですが、ある程度の厚みがあった方が食べ応えがあると思います。

大根まで食べるなら、ちょっと厚めくらいの方がおすすめです。

はちみつは咳止めに効果はありますが、1歳未満の子供には与えないように、とはちみつには書いてありますよね。

乳児ボツリヌス中毒になる恐れがあるから、ということですが、乳児ボツリヌス中毒とはどうなるのか?調べてみました。

ウィキペディアによると、

乳児ボツリヌス症
通常のボツリヌス症と異なり、ボツリヌス菌の芽胞を摂取することにより起こる。芽胞は乳児の体内で発芽し、ボツリヌス毒素を作り出す。原因となる食物はいくつか考えられているが、蜂蜜について因果関係が明白になっている。そのため、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはならない(1987年10月20日厚生省通達)。芽胞は高温に耐える(下記参照)ため、一般的な加熱調理では蜂蜜中の芽胞の除去は困難である。この中毒が乳児特有である理由として、乳児は成人に比べ腸内細菌叢が未発達であることや、消化管が短いことから、成人では消化管で殺菌されるボツリヌス菌が乳児では腸管まで届いてしまうためと考えられる。

だそうです。

ボツリヌス菌による中毒がどういうものかというと、

ボツリヌス毒素は主に四肢の麻痺を引き起こす。重篤な場合は呼吸筋を麻痺させ死に至る。その他、複視・構音障害・排尿障害・発汗障害・喉の渇きがみられる。一方、発熱はほとんどなく、意識もはっきりしたままである。
乳児ボツリヌス症の場合、便秘などの消化器症状に続き、全身脱力が起きて首の据わりが悪くなる。

とのことで、「自然界に存在する毒素としては最も強力である」とまで言われているそうです…。

はちみつにそんな怖い可能性があったとは…。

1歳未満の赤ちゃんの咳が気になる時は、小児科をまず受診しましょう。

1歳以上のお子さんの時は、ぜひはちみつを有効利用してみてください(*^_^*)

スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント