効率重視で成績を上げる!まったり家庭学習*こども4C

ひとりひとりに時間をかけられない子沢山家庭にもできる、市販問題集を使った効率的な中学生と小学生の家庭学習を徹底研究!

咳喘息で寝ながら咳込む子供に親がやっちゃいけないこと

time 2015/05/02

咳喘息咳喘息と診断された次女のためいろいろと調べていた中で見つけたのが、

本人が寝ている間は、
どんなに咳込んでいても触っちゃだめ

ということです。

咳き込みから起きて、自分の状況を知ることが良くないこともあるらしい

上半身を枕などで起こしてあげると楽になる、とか聞くけど、咳き込みがひとしきり落ち着いた隙に起こしてあげる方が良いのかもしれません。

親が触ることで、起きてしまって子ども本人が自分の状態に気が付いてパニックになることもあるそうです。

もうひとつ、これは大変だなと思うし子供の気持ちになればそうなっちゃうかも、と思ったのが、

夜になると咳が出ると思って怖くて眠れなくなる

ということ。

そういう経緯から、夕方から喘息発作をおこすようになったりすることもあるそうです…。

たしかに、子どもの気持ちになって考えたら、夜寝ようとしたら咳が出る、苦しい思いをする、と自覚してしまったら、寝るのが怖くなっちゃっても不思議ありません。

人間絶対寝ちゃうものだけど、ちょっとした気持ちの不安定から眠れなくなることもよくあることだと思います。

寝ることが怖いことになってしまうなんて、寝るの大好きな私からしたらとってもかわいそう…。

たまたま次女が咳き込んでる時に末っ子を寝かしつけていたり、ちょうどテレビがいいところだったりで( ;´-ω-)
咳き込んでるところに手を出すことも少なかったし、背中さすったりしたことあるんですがたまたま起きなかったので良かった、と思いました。

咳を重大なことと思わせず、でもきちんと薬は飲むように印象付けていきたいと思います。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

はじめまして! 管理人の「りゆ」です。 子供4人を育てています。 子育ての中で気になったこと、心配なことなど調べることが多いので、調べたことをまとめていくためにブログをやっています♪ 詳しくはこちらをどうぞ♪⇒プロフィール よろしくお願いします!

最近のコメント

    

    sponsored link